毛母細胞を活性化する育毛剤ならコレ!

毛母細胞を活性化する方法

髪の毛の成長は「毛母細胞を活性化」する必要があります。毛母細胞は毛根で常に分裂活動をおこなっています。この分裂活動が弱くなると、髪の毛の成長力も低下して抜け毛が増えてきます。

毛母細胞の活動低下の原因はいくつかあります。まず血行不良です。血行が悪いと髪の毛の成長に必要な栄養分が毛根まで十分に行き渡らず、毛母細胞の働きが弱くなります。

次に栄養不足です。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質で出来ています。卵、鶏肉、大豆などに含まれる良質なタンパク質、タンパク質合成を助ける亜鉛などミネラルなどの栄養素を意識的に摂る必要があります。

そして毛母細胞の働きを弱める原因に脱毛ホルモンDHTがあります。DHTは男性ホルモンに特集酵素が結びついて生まれます。DHTは毛乳頭で退行誘導因子を生成し、毛母細胞の働きを著しく弱めてしまいます。このDHTを抑制することが毛母細胞活性化には欠かせません。

毛母細胞活性化におすすめの育毛剤 BEST3

順位 商品名 金額 商品詳細
濃密育毛剤BUBKA
12,600円
120ml
30日間返金保証
32種類の育毛成分で育毛促進
育毛成分を32種類使用。褐藻エキスM-034は血管を拡張して血流を改善。さらに退行誘導因子を抑制する働きで毛母細胞の活性化をサポートします。
M-1毛髪ミスト
9,800円
200ml
30日間返金保証
分子ピーリングで毛根を活性化
有効成分を分子レベルに微粒子化。毛穴の奥までしっかり浸透。トウガラシエキスで血流を改善して栄養をしっかりおくります。
薬用ポリピュアEX
7,800円
120ml
45日間返金保証
バイオポリリン酸で毛根を活性化
バイオポリリン酸が発毛促進タンパク質(FGF)を安定化。毛母細胞を分裂活動が活性化して育毛を促進します。

毛母細胞活性化にBUBKAが選ばれる3つの理由

32種類の育毛成分で育毛促進
濃密育毛剤には血行促進成分をはじめ32種類もの育毛成分を配合しています。注目の成分は褐藻エキスM-034です。M-034には毛母細胞の働きを弱める退行誘導因子を抑制する働きをはじめ、髪の毛をささえる外毛根鞘細胞の増殖、血行促進作用、保湿作用があります。他にも血行を促進するセンブリエキスやニンジンエキスなども配合されており、毛母細胞を活性化して育毛を促進します。
オウゴンエキスで脱毛ホルモン抑制
抜け毛、薄毛は毛母細胞の働きを弱める脱毛ホルモンDHTにおこります。 DHTは男性ホルモンと特集酵素5αリダクターゼが結合して発生します。 濃密育毛剤BUBKAには5αリダクターゼの結合をブロックする「オウゴンエキス」が配合しています。77%のDHTを抑制し、抜け毛の原因を予防します。
ブブカサプリで体内からも育毛促進
ブブカにはサプリもセットでついています。サプリには毛母細胞の活性に欠かせないタンパク質の合成を助ける亜鉛、ミレットエキスを配合。さらに脱毛ホルモンの原因となるDHTを抑制するノコギリヤシ、大豆イソフラボンも含まれています。

濃密育毛剤BUBKA 詳細

褐藻エキスM-034をはじめ、センブリエキス、ニンジンエキスが頭皮の血行を促進。そして10種類のアミノ酸が毛母細胞を活性化して毛髪の成長を促します。


価格・送料 12,600円 送料無料
内容量 120ml
返金保証 満足できなければ購入する30日以内は返金保証付き
有効成分 褐藻エキスM-034、センブリエキス、オウゴンエキス、グリチルリチン酸2kなど

血行を促進する方法

髪の毛の事を東洋医学では「血余」と読んでいます。
血液の余り分が頭皮の細胞に栄養を届けるからです。


そのため血行が悪いと十分に血液が届かなくなり、
栄養が毛乳頭に行き渡らなくなります。


そこで大切なのが運動です。



運動と言っても激しい運動をする必要はありません。
軽い有酸素運動でも血流は良くなります。


お勧めはジョギングです。
ただいきなり走るのが難しい場合はウォーキングからでも大丈夫です。
体を動かす事はストレス解消にもなり、質の良い睡眠にもつながります。


そして禁煙です。
タバコの主成分「ニコチン」は血管を収縮させる作用があります。
これは血行不良の原因です。

十分な栄養が送れないために髪の毛が細くなる可能性があります。
ストレス解消の為にタバコを吸いたいのはわかりますが、
髪の毛の悩みを解決したい場合は禁煙をおすすめします。


頭皮マッサージも血行促進に有効です。
爪を立てないように気をつけながら、指の腹でシワを作るようにマッサージします。
育毛剤を使用後にしっかり浸透させるためにも頭皮マッサージは欠かせません。

薄毛、抜け毛対策にはヘアサイクルの改善

薄毛、抜け毛の多くはヘアサイクルの乱れによって引き起こされます。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期があります。2年から5年のサイクルで髪の毛は生え変わります。



髪の毛のヘアサイクルの乱れは退行誘導因子と呼ばれる脱毛因子によって引き起こされます。男性ホルモンが特殊酵素5αリダクターゼの影響でDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは毛乳頭内でレセプターと結合する事で退行誘導因子が産生され、ヘアサイクルは短くなります。男性の薄毛のほとんどは成長期が短縮することで、細く産毛のような髪の毛が増加しています。

ヘアサイクルを改善するためにはDHTの産生を抑えるか、退行誘導因子の働きを阻害する事が重要です。DHT対策には5αリダクターゼの働きを抑えるフィナステリドやノコギリヤシが有効です。退行誘導因子には桑白皮エキスや褐藻エキスM-034などを配合した育毛剤がおすすめです。

フィナステリド配合のプロペシアは医薬品のため、皮膚科かAGAクリニックなどで処方されています。1錠が250円で、保険は適用外です。5αリダクターゼの働きを阻害する効果が強く、抜け毛を防止します。個人輸入などでもフィナステリド配合のフィンペシアなどが購入できますが、あくまでも自己責任です。副作用として男性機能の低下が5%程報告されています。

プロペシアの特徴、効果



プロペシアは飲む薄毛治療薬で、1日1回1錠を服用すれば良いため、とても手軽に治療を続けることができます。 米国メルク社の子会社の万有製薬が日本で2005年に厚生労働省から認可されて販売を開始し、人気を呼んでいます。 主成分であるフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症のための治療薬でしたが、投与していた患者さんから発毛効果が見られたことから、薄毛治療薬としても使用されるようになりました。 プロペシアは発毛を促すものではなく短くなったヘアサイクルを正常に戻して脱毛を防ぐという働きがある薬です。

フィナステリドは、世界中で処方されている非常に効果の高い薄毛治療薬です。 日本でもフィナステリドは医薬品「プロペシア」として処方されています。 そのためドラッグストアなどで一般に販売されている育毛剤よりもはるかに高い効果があるとされていますが、必ずしもすべての人に効果が現れるとは限りません。

また医薬品ですから、性欲減退や肝機能障害、また妊婦が触れると胎児への悪影響があるなど注意すべき副作用があります。 なおファイザー製薬から発売されたフィナステリド錠はジェネリック医薬品であり、先発品よりも安い価格で手に入れることができます。

フィナステリドは5αリダクターゼを阻害し、脱毛を防ぐための作用があります。ただ、毛母細胞を活性化する効果はありません。人によって、フィナステリドの服用と生活習慣の改善のみで治療する場合もあれば、ミノキシジルの併用が必要な場合もあります。

ミノキシジルで血流改善

ミノキシジルは血管を拡張する薬剤の一つです。元々は降圧剤して開発された薬ですが、副作用として多毛症の症状が多く見られたため、薄毛治療薬として開発されるようになりました。海外ではロゲイン、国内ではリアップとして販売されています。また、AGAクリニックでは内服タイプのミノキシジルも処方されています。



●ミノキシジルの効果
ミノキシジルの効果には血管拡張作用があります。血管が拡張すると血流量が増えます。その結果、栄養や酸素が毛乳頭に届き、毛髪は成長します。さらに、毛乳頭を刺激することでVEGFと呼ばれる成長因子が生成され、血管が新生されます。血管新生作用によって血液量が増えると、毛髪は成長しやすくなります。

●ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用で多いのが頭皮の痒み、かぶれです。敏感肌の人は注意が必要です。痒みが酷い場合は使用を中止します。その他、皮脂が増えることで頭皮ニキビが出来ることもあります。タブレットタイプのミノキシジルは体毛増加などの副作用があります。その他、非常に稀に低血圧による頭痛やめまいなどの副作用が発生する事もあります。血圧や心臓の治療を受けている場合は医師に相談する事をおすすめします。妊娠中、授乳中の女性の使用も控えるようにします。

●ミノキシジルの注意点
ミノキシジルを服用したり、塗布することで初期脱毛と呼ばれる症状が発生する事があります。これはヘアサイクルが進行し始めることで発生します。休止期にあたる髪の毛が一斉に抜け始めると、普段よりも抜け毛が多くなります。休止期は3ヶ月程度ありますが、ヘアサイクルが進むことで成長期に以降すると毛髪は生成せれます。