毛母細胞を活性化する育毛剤ならコレ!

AGAスキンクリニックで薄毛対策



毛母細胞の活性化の為に育毛剤を使用してもなかなか改善しない場合、AGAクリニックでの治療が一つの選択肢になります。クリニックですから、プロペシアやミノキシジルなどの医薬品をはじめ、頭皮注射などの薄毛治療もおこなっています。ここでは、AGAクリニックで最も多くのクリニックを展開するAGAクリニックについて紹介します。

●圧倒的なクリニック数
多くの薄毛治療クリニックが東京をはじめ、都市圏のみで展開してますが、AGAスキンクリニックは北海道から沖縄まで全国にクリニックを展開しています。地方在住の人でも薄毛治療をしっかり受ける事が可能です。

AGAスキンクリニックの診療時間は夜の9時までだから、仕事をしている人でも安心です。また、ほとんどのクリニックは年中無休です。クリニックは駅の近くが多く、完全予約制なので、プライバシーも安心できます。

●オリジナル治療薬で毛母細胞活性化
AGAスキンクリニックではオリジナル治療薬「リバース」を処方しています。ミノキシジル、フィナステリド、育毛に有効な栄養成分を配合。ミノキシジルの内服タイプは血管を拡張する作用が強く、栄養や酸素を細胞にしっかり届けます。ただ、副作用の恐れがあるため、血液検査などをしっかり行います。糖尿病や高血圧の人は服用できません。

フィナステリドは抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑え、ヘアサイクルの乱れを改善します。成長期が短く、産毛の増加なども抑制します。そして、毛髪の原料となるアミノ酸をはじめ、代謝を促進するビタミンビタミンB郡、亜鉛などを配合したタブレットもあります。

●頭皮注射「AGAメソセラピー」でダイレクトに細胞活性化
AGAスキンクリニックではオリジナルの育毛カクテルをダイレクトに注入する頭皮注射をおこなっています。育毛カクテルには成長因子をはじめ、ミノキシジル、コエンザイムQ10、ビタミンなどの成分が配合されています。頭皮からダイレクトに届くため、育毛剤よりも効果的に毛母細胞を活性化します。

AGAメソセラピーには副作用の報告もないため、安心して治療を受けることが可能です。注射の為、痛みはありますが、冷却器具で頭皮を冷やすことで軽減します。頭皮注射は毛母細胞の活性化に強い効果がありますが、DHTを抑制する事はできません。そのため、フィナステリドと併用するのが一般的です。また、価格も非常に高額です。

AGA治療を専門に行うクリニックが最近では増えてきています。AGAスキンクリニック以外のクリニックについてはこちらで解説しています。
>>AGAクリニックの費用について