毛母細胞を活性化する育毛剤ならコレ!

薄毛、抜け毛対策にはヘアサイクルの改善

薄毛、抜け毛の多くはヘアサイクルの乱れによって引き起こされます。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期があります。2年から5年のサイクルで髪の毛は生え変わります。



髪の毛のヘアサイクルの乱れは退行誘導因子と呼ばれる脱毛因子によって引き起こされます。男性ホルモンが特殊酵素5αリダクターゼの影響でDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは毛乳頭内でレセプターと結合する事で退行誘導因子が産生され、ヘアサイクルは短くなります。男性の薄毛のほとんどは成長期が短縮することで、細く産毛のような髪の毛が増加しています。

ヘアサイクルを改善するためにはDHTの産生を抑えるか、退行誘導因子の働きを阻害する事が重要です。DHT対策には5αリダクターゼの働きを抑えるフィナステリドやノコギリヤシが有効です。退行誘導因子には桑白皮エキスや褐藻エキスM-034などを配合した育毛剤がおすすめです。

フィナステリド配合のプロペシアは医薬品のため、皮膚科かAGAクリニックなどで処方されています。1錠が250円で、保険は適用外です。5αリダクターゼの働きを阻害する効果が強く、抜け毛を防止します。個人輸入などでもフィナステリド配合のフィンペシアなどが購入できますが、あくまでも自己責任です。副作用として男性機能の低下が5%程報告されています。