毛母細胞を活性化する育毛剤ならコレ!

プロペシアの特徴、効果



プロペシアは飲む薄毛治療薬で、1日1回1錠を服用すれば良いため、とても手軽に治療を続けることができます。 米国メルク社の子会社の万有製薬が日本で2005年に厚生労働省から認可されて販売を開始し、人気を呼んでいます。 主成分であるフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症のための治療薬でしたが、投与していた患者さんから発毛効果が見られたことから、薄毛治療薬としても使用されるようになりました。 プロペシアは発毛を促すものではなく短くなったヘアサイクルを正常に戻して脱毛を防ぐという働きがある薬です。

フィナステリドは、世界中で処方されている非常に効果の高い薄毛治療薬です。 日本でもフィナステリドは医薬品「プロペシア」として処方されています。 そのためドラッグストアなどで一般に販売されている育毛剤よりもはるかに高い効果があるとされていますが、必ずしもすべての人に効果が現れるとは限りません。

また医薬品ですから、性欲減退や肝機能障害、また妊婦が触れると胎児への悪影響があるなど注意すべき副作用があります。 なおファイザー製薬から発売されたフィナステリド錠はジェネリック医薬品であり、先発品よりも安い価格で手に入れることができます。

フィナステリドは5αリダクターゼを阻害し、脱毛を防ぐための作用があります。ただ、毛母細胞を活性化する効果はありません。人によって、フィナステリドの服用と生活習慣の改善のみで治療する場合もあれば、ミノキシジルの併用が必要な場合もあります。