毛母細胞を活性化する育毛剤ならコレ!

ミノキシジルで血流改善

ミノキシジルは血管を拡張する薬剤の一つです。元々は降圧剤して開発された薬ですが、副作用として多毛症の症状が多く見られたため、薄毛治療薬として開発されるようになりました。海外ではロゲイン、国内ではリアップとして販売されています。また、AGAクリニックでは内服タイプのミノキシジルも処方されています。



●ミノキシジルの効果
ミノキシジルの効果には血管拡張作用があります。血管が拡張すると血流量が増えます。その結果、栄養や酸素が毛乳頭に届き、毛髪は成長します。さらに、毛乳頭を刺激することでVEGFと呼ばれる成長因子が生成され、血管が新生されます。血管新生作用によって血液量が増えると、毛髪は成長しやすくなります。

●ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用で多いのが頭皮の痒み、かぶれです。敏感肌の人は注意が必要です。痒みが酷い場合は使用を中止します。その他、皮脂が増えることで頭皮ニキビが出来ることもあります。タブレットタイプのミノキシジルは体毛増加などの副作用があります。その他、非常に稀に低血圧による頭痛やめまいなどの副作用が発生する事もあります。血圧や心臓の治療を受けている場合は医師に相談する事をおすすめします。妊娠中、授乳中の女性の使用も控えるようにします。

●ミノキシジルの注意点
ミノキシジルを服用したり、塗布することで初期脱毛と呼ばれる症状が発生する事があります。これはヘアサイクルが進行し始めることで発生します。休止期にあたる髪の毛が一斉に抜け始めると、普段よりも抜け毛が多くなります。休止期は3ヶ月程度ありますが、ヘアサイクルが進むことで成長期に以降すると毛髪は生成せれます。